因果の道理~仏教の教え~
【諦める=受け入れる】

仏教の教え『因果の道理』について、
簡単に説明します♪

『因果の道理』とは、
原”因”は結”果”にある”法”。

すなわち、
その結果は必ず原因があって成り立ち、
「原因を探し改めると結果は変えられる」
という事です。

本来「諦める」は「諦観」(ていかん)と言いますが、
『諦らかに観る』という意味です。

原因を諦らかにして、冷静に観る。

『諦める=受け入れる』
という事が大切なんだよと、
仏教は説いています。

ひとつ「冷静に観る」事が出来れば、
悩みがクリアになり、
徐々に『諦観』を体得すると
更により良い未来が切り開けるでしょう。


画像は、眉間にある『第三の目』です。

最後まで読んで下さり、
有難う御座いました♪(*- -)(*_ _)ペコリ
20161125105253f4a.jpg
【2016/11/25 10:50 】
②伝ぇたぃコト。。。 | コメント(0)
<<新月の夜に思う事。。。 | ホーム | 環境が過酷なほど強い絆が生まれる!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |